テイジンプロバイオ研究所
“膣内フローラ”を正常に整える乳酸菌をご存知ですか?
細菌性腟症とは?
膣内フローラと乳酸菌の関係
乳酸菌UREX研究レポート
女性の約9割が経験あり!? デリケートゾーンのいろんな悩み
その悩み…細菌性腟症かもしれません
【細菌性腟症って?】膣内フローラの乱れ(膣内にある乳酸菌の減少)により起こり、おりもの量や色に変化が出たり、生臭い臭い(アミン臭)が強くなるなどの症状が見られることが特徴です。膣内フローラが乱れる原因として、睡眠不足やストレスによる体の免疫機能の低下、抗菌薬(抗生物質)の服用、不衛生な性行為などが挙げられます。
「もしかして、私も?」と感じたあなたに…\お手軽!簡単確認/細菌性腟症チェック
トラブルの原因は「膣内フローラ」の乱れ 膣の健康を左右する「膣内フローラ」のバランス あまり知られていませんが、膣にも善玉菌と悪玉菌があります。私たちは自分の力でこのバランスを正常にできる機能(自浄作用)を備えています。でも、膣内はとてもデリケート。体調不良や過労・ストレスにより、膣内フローラのバランスが乱れてしまいます。
善玉菌が減ると悪玉菌が繁殖しあの不快な症状が…
正しい知識で行う膣ケアがとても大事です!
\膣トラブルの救世主!/ 乳酸菌UREX ユーレックス 乳酸菌「UREX」は膣内フローラを正常化する2つの乳酸菌の総称です。 ※「UREX」はクリスチャン・ハンセン社の登録商標です。
乳酸菌UREX研究結果レポート
01 乳酸菌UREXなら、元気な乳酸菌が膣内に長く留まる!
02 細菌性腟症の可能性が高い女性の膣内フローラ数値を改善
03 細菌性腟症の可能性が低い女性の健康な膣内フローラも守る! | ※膣分泌物擦過物をスライドガラスに塗り、グラム染色法による形態学的観察によって、膣内に存在する3種類の細菌の有無や量を調べてスコア化する検査。Nugent Scoreは0から10点まであり、7点以上が細菌性腟症と診断され、0~3点が正常で、4~6点が中間群とされる。膣内Lactobacillus(乳酸桿菌; ラクトバチルス)が減少し、病原性細菌が増殖してしまう「細菌性腟症」の診断方法として、Nugent Score が広く利用されている。
女性のライフステージによって変化する デリケートゾーンの悩みから解放されるために。 \これからの新常識/膣トラブルの改善には乳酸菌UREXユーレックス
細菌性腟症とは?
膣内フローラと乳酸菌の関係
乳酸菌UREX研究レポート
この記事を監修したのは東京大学 医学部 産婦人科学教室 准教授 原田美由紀 先生 | 「卵巣機能に着目したプレコンセプションケア」をライフワークとして研究を行う。最近では特に、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の病態ならびに抗がん剤による卵巣毒性に焦点を当てて、新規治療・予防戦略の開発を目指す。挙児努力と両立可能な、既存のホルモン療法によらないアプローチのひとつとして腸内細菌叢に着目している。