テイジンは、世界的なプロバイオティクスのリーディングサプライヤーであるChr. Hansen Holding A/S(クリスチャン・ハンセン社)と、日本における健康食品用途および育児用調製粉乳用途へのプロバイオティクス原料の販売代理店契約を締結しています。

 

乳酸菌UREX®は膣内フローラを正常化する2つの乳酸菌の総称です。
膣内フローラのサポートに着目し、女性のために開発された膣内フローラ専用の乳酸菌です。

※「UREX」はクリスチャン・ハンセン社の登録商標です。

●Point1 乳酸菌UREX®なら、元気な乳酸菌が膣内に長く留まる!

乳酸菌UREX®は、他の乳酸菌に比べて膣内での滞在時間が長いことが分かっています。

●Point2 細菌性腟症のリスクが高い女性の割合変化

乳酸菌UREX®を継続摂取した女性は、膣内フローラの乱れた状態が改善されていました!
【実施内容】
■医師に健康と言われた平均35歳の女性(59人)をランダムに2つの摂取群に分類
■乳酸菌UREX®10憶個/日を60日間継続摂取
■0日・56日後に再度Nugent Score※を測定

●Point3 細菌性腟症のリスクが低い女性の健康な膣内フローラも守る!

乳酸菌UREX®を継続摂取した女性は、膣内フローラの良い状態が継続していました!

【実施内容】
■細菌性腟症のリスクが低い女性(48人)を2群に分け、乳酸菌UREX®20憶個/日摂取と摂取しない状態を60日間継続。
■56日後に再度Nugent Score※

※Nugent Score:膣分泌濾過物をスライドガラスに塗り、グラム染色法による形態学的観察によって、膣内に存在する3種類の細菌の有無や量を調べてスコア化する検査。Nugent Scoreは0から10点まであり、7点以上が細菌性腟症の可能性が高いとされ、0~3点が正常で、4~6点が中間群とされる。膣内Lactobacillus(乳酸桿菌:ラクトバチルス)が減少し、病原性細菌が増殖してしまう「細菌性腟症」の診断方法として、Nugent Scoreが広く利用されている。